東京のアンケート入力・集計代行業者をランキング形式でご紹介

アンケート入力代行とは?

アンケート入力代行とは?

 

アンケートを集めるにしても、手書きでは時間もかかります。
集計したものを見やすくする工夫も必要です。
こうした際、従業員が負担を強いられるため、人件費もネックに感じるならば、アンケート入力代行サービスを活用するのも手の内です。

 

 

アンケートの結果をデータ化してくれる

アンケート入力代行、このワードは企業側にとって聞き慣れているはずですが、今多くの業者が入力サービスを請け負っています。
・新規のプロジェクトであったり、起業したばかりであれば、利用価値も十分あります。
・アンケートをマーケティングデータとしてデータ化したい、なおかつ分析したい、こうした人向けですが、アンケートを表計算ソフトに入力したり、サービス向上のために見える化したい、こうした人も利用できます。
アンケート入力代行とは、いわば、アンケートのプロ集団が入力の煩わしさを担うということです。
アンケートの作成のみならず、配布したり集計したり、やらなければならないならば、代行業者をフル活用すべきだと思えてなりません。

〇入力だけではないアンケート入力代行
アンケートは、質問項目の書き方に迷うもので、短い設問で的確に回答者の考えていること、ニーズを引き出すことが大事で、本当に聞きたい項目さえ入力できていないパターンも少なくありません。
そこで頼りにされているのが、アンケート入力代行なのです。
アンケートを作成する目的を明確化し、最適な調査方法や調査対象を選定します。
最近の代行サービスは、ただデータ入力するだけでなく、アンケートの企画まで行うのです。

 

集計して入力してから、その後までも考える

最も苦労するのは、アンケート結果の集計だという予想はつきます。
大規模な入力作業が必須、それに集計した結果をデータ化して活用するまで、こうした流れを考える必要も出てきます。
ただ端末に入力しただけでは何の意味もありません。
紙のままで十分、という結果に落ち着いてしまいます。
小規模な企業であればなおのこと、負担を強いられるので、
代行業者に一任することが、コスト的にも時間的にも節約できると思えます。
優良業者では、どれだけの費用が削減できるのかということを、具体的な数値で表示しているようで、経費削減が分かりづらいものであるからこそ、業者選びもアンケート入力同様に、見える化すべきなのでしょう。

 

入力に関するトラブルも回避できる

〇メリット
・アンケート入力のミスは、せっかく集めた結果を誤って入力してしまう行為です。
・他にも、メールで集めたものがパソコントラブルによって開けないことも無きにしもあらずです。
・二重チェックで高い入力精度、代行サービスではこうしたこだわりが垣間見えます。
・無理に自社で行うより、アンケート業務に関するノウハウを持つ代行業者に依頼する方が、リスク回避においても有効です。

〇有効活用するためにデジタル化する必要も
未だ、アンケートの多くが紙媒体のものが多く、デジタル化させる必要も出てきます。
例えば、商品開発の際、入手したアンケートを参考にすることがあるかもしれません。
いざ会議で利用したいと思っていても、データを引き出すことすらできないのです。
きちんとデータとして保管できるのも魅力、保管場所もパソコンですし、誰もがそのアンケートを共有できるのも魅力です。
棒グラフや円グラフを使っていたり、集計や分析までされていて、閲覧者がパッと見ただけで状況を飲み込めるようになっていれば、作業効率は格段にアップします。
紙媒体のアンケートに固執せず、データを代行サービスで見やすくさせ、仕事に役立てるのもありでしょう。
アンケート用紙作成から入力、集計や分析、報告書作成など、小部数印刷まで担いますから、利用の幅も広がりそうです。

〇まとめ
市場調査として、消費者にアンケートをお願いする際、紙でもウェブでも、入力という煩わしさがあります。
また、アンケートを作成した後は、集計して分析して、会社の役に立つように展開できます。
入力を代行してもらえるならば、作業効率もアップし、ミスを防ぐこともでき、なおかつ、見やすい、使いやすい内容に仕上がります。