東京のアンケート入力・集計代行業者をランキング形式でご紹介

アンケート入力代行はどのぐらいの量まで依頼可能?

アンケート入力代行はどのぐらいの量まで依頼可能?

アンケートによって顧客から声を拾い上げることは、企業にとって大きなメリットをもたらします。
すでに顧客になっている人からは、よりいっそう業務改善の努力をしていると評価されますし、新しい顧客を得るためにはアンケートの内容によって求めるものを見つけることが可能です。
そのため、できるだけたくさんのアンケート結果を集めたいというのが会社としての希望ですが、うれしいことにたくさんのアンケートを回収できたとしても、うまく活用できなければ意味を成しません。

 

アンケートを行うのは簡単でも活用はむずかしいのは

アンケートを行うという方法は、率直な意見や要望を吸い上げるには簡単かつ効率的で、さらにお金をあまりかけずに行える情報収集の方法といえます。
そのため、今では多くの企業がさまざまな媒体を使ってアンケートを実施していますが、行うのは簡単でも活用するにはむずかしい面があるのが事実です。
それは、多くの声がアンケートを実施したことによって集まったとしても、それらを集計しないことには内容がわからないところにあります。
もし、1万件近い膨大な量のアンケートデータを手に入れることができたら、それを集計し、結果をデータ化する仕事を自社の社員に行わせるのは非常に大変です。
通常業務に加えてアンケートデータの業務も行わなければならないため、残業が増えたり、仕事を効率よく進める方法がなかなか分からない、時間がかかりすぎてしまうことも考えられます。

 

アンケート入力代行業者に依頼するのがベスト

インターネットやファックス、電話といった方法に加え、手書きのアンケートを実施することもあるなど、手段が増えた分だけアンケート結果の入力業務は煩雑になったといえます。
スピーディーに入力業務が進むものもあれば、紙に書かれた文字を読み、間違わないようにデータを入力する作業の場合、読みにくい字で書かれているものも少なくないことから、時間と手間がかかります。

〇量が多いとお断りの場合も
とはいえ、アンケート入力代行業者はアンケート結果を入力し、さらにはデータ化まで行うことを仕事にしているわけですから、どのような媒体でも仕事を請け負ってくれるでしょう。
ただ、精度や納期、さらにどのくらいの量を一度に受け入れてくれるかは業者によって変わってきます。
入力業務に長けたスタッフが大勢いるという業者であれば、急ぎの要請には一気にかかり、あっという間に仕上げてくれることも可能でしょう。
また、1万件を超える量のアンケートでも、取り掛かれる人材を多く割けるだけの人手があることから、量の多さを理由に断られることも少ないと考えられます。

 

規模によって使い分けるという選択もある

企業によっては時に大規模なアンケートを行うこともあり、そのような場合にはアンケート入力代行業者はスタッフがたくさんいる規模の大きな業者に頼むのが無難です。
ただ、毎回大規模に行うのではなく、通常はそれほど件数は多くないという場合や、納期に余裕があるというときには、料金の安い業者に頼むという方法も採れます。

〇コストの削減にも
同じ程度の成果を望めるのであれば、受け付けてくれる件数の違いを基準にいくつかのアンケート入力代行業者を使い分けるという方法によって、経費を抑えることが可能になるでしょう。
スタッフが多ければ、入力件数が多くても受けてくれるのは当然ですし、少数で行っている業者なら、最高で何件までと決めていると考えられます。
この点は、毎回依頼する前に業者に直接確認するといいでしょう。
規模が大きい業者といっても、もしかしたらすでに依頼を受けており、毎回引き受けてくれるとは限らないからです。

〇可能件数を事前に確認
アンケート調査によって顧客の要望を知ったり、新しい顧客開発につなげることができますので、今や多くの企業が行っています。
比較的安価にデータを収集できるところがアンケートの魅力でもあることから、多くの声を集めたいと考える企業が多いものの、たくさん集まるほどデータ入力とデータ化が大変になるのも事実です。
それを解消してくれるのがアンケート入力代行業者ですが、最大で何件までの入力作業を引き受けてくれるのかは事前に、そして毎回確認することが重要です。